「特定秘密保護法反対」

「特定秘密保護法」、「集団的自衛権」に反対します。憲法第9条をしっかり守りましょう。教育勅語の教材活用は間違いだ!

自由であっても、他人の生まれ、性別、年齢、故郷、風習、宗教を差別する、小馬鹿にする、冒涜するのは許されない。

原発不要・核廃絶


2018年2月8日木曜日

GPSを落とした!  I lost the GPS recorder.

今朝は6時に家を出る。渋滞に巻き込まれなかったので広沢寺温泉駐車場には7時に着く。GPSをオンにして歩く、5日のテン糞を見つけた同じ場所でテン糞①、②を見つけゲットする、ゲートの中に森林整備の為の車が2台停まっている。何故か2台とも福井ナンバーだ。
5日の日に比べたら人の多くの足跡がある。雪というよりは氷だ。
8:06 登山靴の足跡、アイゼンの跡もある。
8:14 不動尻だ。煤ケ谷方面からの足跡も多い。
8:29 アイゼンを着ける。
アイゼンを着けると氷が足に絡みつくようだ。
登山路は下の橋を渡って右に行くのだが、5日の日に降りてきた広い仕事道を行くため、橋を渡って石垣に沿って左の道を行く。
8:45 この橋を渡って突き当りの石垣に沿って左に行く。
1時間くらい先日下りてきた道を登って行くと登山道を合流する。
ここからは登山道歩きだ!
9:43 登山道を合流
9:48 ここから登山道に登る
9:50 今までほとんど平坦な道を歩いていたので、この急な登り階段にため息だ!左に張られているロープはそちらは登山路ではなく、仕事道の印だ。
10:05 昔のシカ柵越えの朽ちた梯子の横を通過
10:31 雪が深いが、一度歩いた上に足を乗せると沈まない
雪の踏み分け道はほとんど直登気味に着いている。ようやく稜線に着く。何か腹に容れたいが唐沢峠まで行くことにする。
10:37 稜線着
10:37 三峰方面への踏み跡もしっかりしている。唐沢峠・不動尻・三峰の三叉路になっている。ぼくは、唐沢峠へ
唐沢峠への踏み跡は登山路を行かないで稜線を下っていた。
10:47 唐沢峠で胸を張って!向こうは大山北尾根
この唐沢峠の東屋で朝食用のアメリカンドックを食べようと思ったが、サーモの熱いウーロン茶を飲んだけで止めた。寒い!
今日は、石尊沢の川原に降りるだけにしようと思い、沢へ下る道を行く。が、踏み跡がばらばらだ。正しい?踏み跡は途中でそのまま沢に降りていき、ぼくがラッセルしトラバースしなければならない。20メートルくらい進んで諦める。川原に降りたとしても戻るのが大変だ。登りのラッセルはぼくのような年齢の者には向いてない。若者向きだ!
川原の写真を撮り、ネクタイ尾根までの踏み跡を確認する。
11:12 右に石尊沢の堰堤だ!
石尊沢の川原は雪が深そうだ。調子が良かったら、ネクタイ尾根・北尾根・大山・梅の木尾根・日向山・見城山と回って車に戻ろうと思っていた。が、雪が多いのですぐ諦めた。 
11:12 ネクタイ尾根への踏み跡が見える。
唐沢峠に戻り、そのまま来た道を戻る。下りは、踏み跡が無い雪面を滑るように歩く。気持ちが良い。途中から広い仕事道を歩く。この仕事道、軽の四駆でもちょっと無理だろう。路肩が弱すぎる。
ツルウメモドキの赤い実が落ちてしまった?それとも鳥が啄んだ?
途中、雪が降りだし。車での帰路が心配なので、急ぐ。
13:29 雪がたくさん降ってきた
ゲートを過ぎてからアイゼンを外し、急いでいたため転ぶ。また、転ぶ。
ザックの再度に入れてた500ccのペットボトルが落ちて転がる。凍った道路上を20メートル以上も滑った。っと胸のポケットに容れていたGPSが無くなっているのに気が付く。雪が降っていなければ戻って捜すのだが、どこで落としたか判らない。諦める。

今日は、シカ、カモシカ、イノシシの足跡がたくさんあった。しかし、彼らの食い物は見当たらない。また、テン糞も雪上で一個見つけた。どうも、野生動物たちは、先日の雪が降った後3,4日は動かずにじっとしていたようだ。巣穴を持つテンやタヌキなら巣穴で待機しているのも判るが、シカやカモシカ、イノシシはどうしているのだろう。

0 件のコメント: