「特定秘密保護法反対」

「特定秘密保護法」、「集団的自衛権」に反対します。憲法第9条をしっかり守りましょう。教育勅語の教材活用は間違いだ!

自由であっても、他人の生まれ、性別、年齢、故郷、風習、宗教を差別する、小馬鹿にする、冒涜するのは許されない。

原発不要・核廃絶


2018年2月7日水曜日

雪上では糞は見つけられなかったが、、、Althoug, I couldn't find the scats on the snow ,,,,,

今回は、雪上歩きなので、動物たちの足跡が主な目的だったが、人家から少し離れたところの道路ででテン糞を拾えた。
8:46 テン糞① 3個とも拾ってきた。別々の日にしたものだろう。 三つの糞はもう少し離れてあったが、ナンテンの葉の右の糞に少しづつ寄せた。同一個体のものだろう。
水洗いして茶漉しに残った内容物は
カキの種子・果皮・果肉、サルナシ種子、両生爬虫類の骨片
この骨片、カエルではないようだが、イモリかトカゲかカナヘビか全く判断がつかない。

8:53 見たところ初めはテン糞、よく見て鳥糞、さらに糞からはみ出ている内容物見てテン糞②と確信した。何故かピンボケの写真となってしまった。
糞の内容物は
マメガキの種子・果皮・果肉・果柄、小哺乳類の手or足根骨・骨片・毛多数、砂
小哺乳類としたのは手根骨か足根骨と思われる小さな骨がヒミズなどより大きいからだ。ん?モグラの可能性もあるかな?と思い3時間以上手持ちの標本のヒミズ、アカネズミなどと照らし合わせた。ちょっと判断できないので小哺乳類とした。現場でできるように毛を拡大鏡で見ただけで同定できるようになりたいものだ。

8:55 テン糞②から60センチくらい離れた場所にテン糞③!これも何故かピンボケだ!
内容物は
サルナシの果皮・果肉・種子であった。
恐らく、テン糞②と③も同じ個体のものだろう。

テン糞①があったのは大釜弁財天道の手前の道路の脇だ!

テン糞②と③があった「山の神沢橋」の端
今回は、アイゼンを付けての雪上歩きで動物たちの足跡を観察しようと歩いたが、
氷が融けた里近くの道でテン糞を見つけることができた。
もっと、もっといろんな動物たちの足跡が見たかったが、叶わなかったが糞を拾えたので良しとしたい。

0 件のコメント: