「特定秘密保護法反対」

「特定秘密保護法」、「集団的自衛権」に反対します。憲法第9条をしっかり守りましょう。教育勅語の教材活用は間違いだ!

自由であっても、他人の生まれ、性別、年齢、故郷、風習、宗教を差別する、小馬鹿にする、冒涜するのは許されない。

原発不要・核廃絶


2018年1月24日水曜日

雪に覆われた鐘ヶ嶽  Mt.Kanegatake was covered with snow.

今日は、広沢寺温泉の駐車場に車を置いて、鐘ヶ嶽まで行ってきた。
朝早いと路上が凍結していると危ないので、いつもよりも1時間くらい遅れて6時半頃家を出た。車が通る道路は雪は無かったが、広沢寺温泉の無料駐車場は30センチくらいの雪で埋まっていた。車が一台既に置かれているので、ぼくも車を雪の上に乗り上げた。奥まで乗り入れようと思ったが、帰りに出られなくと思い、途中でバックにして1メートル程戻り、再び、1メートル程突っ込んで車を停めた。

浅間神社への登り口の階段の上にも雪が積もっている。氷さえ踏まなければ一歩一歩登ることができる。
シカ柵のゲートを開けて、入ったが、ゲートの扉が曲がっているようでなかなか閉めることができなかった。陽が当たる場所は雪が溶けて無い。しかし、大抵は10センチくらいの雪がある。
8:35 雪の登り道
シカのメスグループの足跡や道を横断する足跡が多数ある。
それらを確かめながら写真に撮りながら登る。
8:36 シカの足跡
見晴らしの良い所にきた。鐘ヶ嶽へ上るこの浅間神社へのルートで一番気持ちの良いところである。しかし、今日は冷たく強い風が吹く。耳掛けが欲しいくらいだ。
紺碧の空の中に大山山頂がある。大山ももちろん雪で覆われている。
尾根や稜線は木で縁取られている。
9:02 大山山頂の アンテナが見える。
南東の方には江の島が浮かんで見える。
江の島や房総半島が見える
まもなく、左側の道下沿いに、やまぼうしさんが雪が降る前にアップしていた石切の痕とタヌキのタメ糞(橙色の線で囲った部分)だ!
9:13 石切り場跡とタヌキのタメ糞
昨日、単独行の人が上から降りてきている。
9:43 6本爪のアイゼンをつけて一人が下っている。昨日の跡だろう。
最後の階段を登って浅間神社だ。ここでも、帽子、手袋を取り外して、鈴を鳴らし、お賽銭をちょっぴり放り込み、柏手を打って「山の安全」を祈る。
9:47 浅間神社着
境内の陽が当たっていて東京スカイツリーなどが見える場所に座り、コンビニで買ってきたアメリカンドックを食べ、サーモの熱いウーロン茶を飲む。
今日は風が冷たいので、食べ終えるとすぐ上の山頂を目指す。 
10:07 鐘ヶ嶽山頂だ。どうも、背が丸くなっている。胸を張らなくては!
もう、この辺りは陽が当たるところも雪が積もっている。
家を出るときに既にスパッツを付けているので、雪が膝までこようが、おちゃのこさいさいで、楽しいくらいだ!
10:11 単独行の人の足跡が続いてある。
稜線の鞍部になると、強風で雪が飛ぶのと陽が半日以上当たるので、雪が無い。
ここで、タヌキ糞とテン糞を見つける。
10:42 雪のない鞍部
杉林の中の下りの道を通らないで、トイレがあるところに下るジグザクの鎖場の道を通る。
11:02 簡易トイレがある広場は30センチ以上の雪、足跡はぼくのもの!
林道は雪で覆われており、結構歩きづらい。雪道を下る。 昨日、不動尻を行き来した足跡が数条付いている。
11:40 ゲートのところまでも3、40センチの雪
水汲みの車がとまる場所を過ぎると、道を塞ぐ倒木だ。
11:17 舗装された林道を塞ぐ倒木
流石に、車は入って来ていない。それでも新大平橋近くまでは車の轍の跡があった。
11:28 新大平橋 ここには新しいサル糞がいくつもあった。一つをゲット!
駐車場から歩いて戻ってくるまで、GPS上の距離は8.6キロ、4時間であった。

0 件のコメント: