「特定秘密保護法反対」

「特定秘密保護法」、「集団的自衛権」に反対します。憲法第9条をしっかり守りましょう。教育勅語の教材活用は間違いだ!

自由であっても、他人の生まれ、性別、年齢、故郷、風習、宗教を差別する、小馬鹿にする、冒涜するのは許されない。

原発不要・核廃絶


2018年2月19日月曜日

楽しい野外実験  The Amusing Outdoor Experiment about Marten's Range & Scent Marking.

今日は、広沢寺温泉の駐車場に車を置いて、浅間神社への階段を登り、鐘ヶ嶽、山の神隧道前、大釜弁財天道前と歩いてきた。歩いた距離は7.4キロ、時間は3時間8分であった。
2月5日、8日、14日、19日と大釜弁財天道入り口前でテン糞を拾っている。テン糞は単なる排泄というよりも自分の行動域を主張するためのScent Marking(匂い付け)だと考えられる。ぼくが彼らの糞を取ってしまうから、あるいは、前の糞が雨風によって古くなって臭わなくなったら、また、彼らは自己主張のために糞をすると思われる。だから、同じ場所に複数の糞がある時は、古い糞が残っているか?あるいはその場所を重複する隣合った二個体が互いの自己主張のための糞だと考えられる。彼らは、タヌキのトイレのタメ糞のように毎日、同じ場所に糞をするわけではない。

今日、大釜弁財天道前のコンクリートの上に直線で西に約1.5キロ離れたところで拾った新鮮な糞③をいつもの個体(多分)の糞⑤の横に置いてきた。双方の糞をした個体同士は恐らく見知らぬ個体同士だと思う。
大釜弁財天道入り口前の二つのテン糞

左の⑤は今朝ここにあった糞
右の③は山の神隧道の上の稜線で今朝拾った柔らかな糞

テン糞③と⑤の位置と距離

さぁー、次回にはこの弁財天道入口前の糞はどうなっているのだろうか?
今週中に見に行かなくては、、、、、。本来なら毎日行くべきだが、、、、。
初めは、どうするか迷った。ここにある糞⑤を持ち去って糞③を置いておくか迷ったのだ。糞⑤を取り去れば、新たに糞をするは目に見えている。糞⑤を残しておいたまま未知の個体の新鮮な糞③を置いたら、糞⑤の個体はさらに新しい糞をするだろう。
でも、どうなるか、、、、
いずれにしても早く見にいかなければ、、、、。
明日は確定申告だ!どうもE-Taxでは上手くいかない。

2018年2月17日土曜日

国立新美術館へ To The National Art Center, Tokyo

 昨日は、高校の同期生と六本木にある国立新美術館に行ってきた。と云うよりも可愛いイレーヌが来日しているので会いに行ってきたのだ。
国立新美術館の紹介からhttp://www.buehrle2018.jp/highlights
 流石に、イレーヌの前は多くの観客が皆しばらくたたずんで鑑賞していた。帰りにこのポスターや絵葉書を買おうと思ったが、この絵だけはポスターも絵葉書も売り切れだった。もちろん、ビュールレが収集した印象派の絵の中には、ルノワールの他にゴッホやマネ、モネ、セザンヌ、ゴーギャンの有名な絵も展示されている。
最後に、3階に行って高校の同期生の写真(都議会議長賞)を見て、館を後にし、有楽町のガード下界隈の居酒屋で呑んだ。
原田利一作 曙光に踊る
一緒に行った友人は左胸にペースメーカーを入れているので、障害者手帳を持っており、ぼくが付き添いということで、電車は半額、美術館は無料だった。ぼくは、これに味を占めたので、これからも美術館や博物館巡りを彼に申し出た。もちろん、帰路は呑みだ!

2018年2月16日金曜日

厳冬期に食べる果実はどんなものか? What kind of fruit condition does marten eats in the rigid winter?

今回のテン糞の内容物はこれが厳冬期に食べた糞?っと思われるものだった。
内容物だけみるとケンポナシ、カキ、サルナシの果実と鳥であり、特に晩夏から冬の糞内容物と同じとも云える。
しかし、同じ内容物でも違いがある。それは、晩夏から冬(9月から12月)までに果実を食べた糞なら、果肉や果皮や果柄もみずみずしさがあり、サルナシは果肉や果皮が緑がかっており、カキやマメガキなら橙色をしている。しかし、今の時期の糞内容物として出てくるサルナシ、カキ、ケンポナシはほとんど黒っぽく固い状態である。
つまり、テンは干乾びた果実を食べているのだ。
しかも、洗っているとテン糞なのに泥が洗い流されたり、砂泥が少しあるのは、木に生って寒風に晒されて干乾びているのではなく、林床に落ちているものを漁っている証拠だ。
7:03 テン糞①
右の糞:サルナシ種子、鳥羽毛・骨片・羽毛根、カエル(ヤマアカガエル?)の上腕骨骨頭部片
左の糞:ケンポナシ種子・果肉果皮・果柄
「右の糞の中にある骨片の一部の形状が見たことがあるものなので、手持ちの鳥骨の上腕を見たがすぐ、鳥骨ではないと判った。となれば両生・爬虫類の上腕だ。トカゲやカナヘビでもないので、手持ちのやまぼうしさんからもらったモリアオや今は沖縄に移住した友人からもらったアズマヒキガエルの上腕を見た。カエルの上腕骨の骨頭であることが判った。モリアオよりも大きくてヒキガエルよりもはるかに小さい。そろそろ目覚め始めるヤマアカガエルであるだろう」で2月18日15時55分に上記のカエルの上腕骨骨頭部片を加えた。

7:10 テン糞②
カキ種子・果肉・果皮

7:43 テン糞③
サルナシ種子・果肉・果皮・果柄
テン糞①、②、③の位置

2018年2月15日木曜日

古いGPSが使える! My old GPS can be useful!

3年前に買ったGPS 747Proを2月8日に唐沢峠から石尊沢に下る時に失くした。その時は深い雪に足を取られて転んで甲羅を裏返されたカメのようにもがいた。その時に胸のポケットに容れて置いたのが滑り落ちてしまったのだ(多分)。
GPSが無ければ楽しみが奪われるので、新しいのを買おうとNetでGPSの情報を見ていた。そこで、GPSのLi-ion電池についての記載が載っていた。GPS 747Proを買ったのは、2010年から持っていたGPS 747が壊れたと思っていたからだ。しかし、それはGPSの本体が壊れたのではなく、Li-ion電池が壊れたことが判ったのだ。NetではLi-ion電池は古くなると膨らむと書かれてあったので、ぼくは引き出しの中から壊れたと思った GPS 747を取り出した。さらに、Li-ion電池はパンパンに膨らんでいる。電池が膨らんでいるから上手く本体に入らないし電極の接点が本体との接点とも接しなくなっていたのだ。
古いGPSレコーダー
この3.7VのLi-ion電池をネットで探した。何と、アマゾンにメーカーは異なるがあるのだ。NOKIA BL-5C 互換 バッテリー(899円郵送料込み)を即注文だ。翌日のお昼には届いたので早速、散歩して使った。使える。
古いGPSにピッタリのNOKIA BL-5Lバッテリー
昨日も持っていった。嬉しい、新品を買わなくても良かった。
Li-ion電池の性質も勉強させてもらった。携帯など夜寝るときに満充電しているが、これなどもっとも良くない使いかたのようだ。Li-ion電池は自然放電が非常に少ないので、満充電したならばすぐにでも満充電を状態から解放した状態充電状態が8,9割くらにしておくのが電池を持たせるには良いようだ。しかし、携帯やノートパソコンは持ち運ぶのでいつも満充電にしておきたいので、1年半くらい経ったら交換することを心がけたら良いようだ。
GPSがポケットから滑り落ちないように連れ合いに布で首から下げる袋を作ってもらった。
現場でも自分の位置が判るようなにしたいが、それにはBluetoothで繋げる別の機器を持ち歩かなくてはならない。山ではそんな事はしたくない。帰宅してからパソコンにつないでGoogle earthなどで自分が歩いたルート、撮った写真の位置が判るので満足している。

2018年2月14日水曜日

やはり、同じ場所にテン糞があった! There were marten's scats in the same place.as they were.

 今朝、6時前に家を出て広沢寺温泉駐車場に車を置いて、不動尻へ向かって歩いた。
目的はただ一つ、
2月5日、8日に見つけた同じ場所にテン糞があるかどうかだ!
歩きだして10分くらいで大釜弁財天道の入り口に辿り着く。
あった!側溝の上蓋?のコンクリートの上にある。
7:03  赤線で囲った中にテン糞①がある
テン糞①の状態、糞は二つともそのまま
 テン糞①の場所辺りから登りが少し急になり、新大平橋を渡り、川の左岸に架かるたもとにテン糞②があった。
赤線で囲った中にテン糞②がある

①、②の糞の場所には少し違いがみられる。①の場所はほぼ直径30センチ以内の円の中におさまるが、②の場所は直径100センチ以内の円におさまることになる。
この①、②の糞の場所の微妙な違いは何なのだろうか?
さらに、①の場所には今回も5日の時も複数の糞があったことだ。
①の場所は1個体が何度も排泄するのではなく、糞の大きさの違いから2個体の個体が排泄していると思われる。
”まだ、今朝、拾ってきたものは水洗いしていない”

2018年2月10日土曜日

テンが同じ場所で糞をする理由  The reasons why the marten egests scats in the same place.

テン糞①とテン糞②は二日前の5日と全く同じ場所で見つけた。
二つの糞とも5日の日の糞を輩出した同じ個体の可能性が高い。
一方、テン糞③は煤ケ谷からの谷太郎林道からの道と二の足林道とが交差する不動尻を過ぎて、間もなくの雪上にあった。
7:22  テン糞① 大釜弁財天道への入口の車道沿いで
  マメガキ種子果肉果皮果柄、サルナシDiospyros lotus種子、トカゲ前足骨片、直翅目産卵管外皮、土砂
7:28 テン糞② 山の神沢に架かる新大平橋のたもとで
マメガキDiospyros lotus種子果肉果皮

8:16 テン糞③
マメガキDiospyros lotus種子果肉果
どの糞にも入っていたマメガキにも種子の他に果皮付きの果肉が入っていた。果皮付きの果肉は口に入って排泄されるまでよほど乾燥して固かったようだ。どの糞もマメガキの果肉が消化されないで排泄されていた。
面白いのは、テン糞③を除いた2個の糞は5日の日に見つけた場所と全く同じ場所であった。と云う事は、5日の朝にぼくが糞を拾う。テンたちが主に活動する時間帯は夕方からだろうから、5日の夜、6日の夜と2回活動の時間帯があった。しかし、彼らは二日に一回しか排泄しなかったことになる。テンは毎日、同じ場所に排泄するところではタメ糞状態にならなければならない。タメ糞状態のテン糞を見つけたことがない。一か所にせいぜい3、4個だ。テン糞の排泄行為はScent marking(匂い付け)の意味が強いように思う。つまり、自分の行動域の周辺に排泄し、同種の他個体に自分の存在を主張している。同じ場所に3、4個もあるのはその境界領域を利用する複数個体が匂い付けしていることになる。
テンは、自分の行動域と他個体とのものとの境界領域で糞をするのだろう。だから、ぼくが拾うとその次に行った時にもほぼ同じ場所で糞を拾うことが多くなるのだろうか。
同じ場所に2、3個あるのは、隣り合ったテン同士が互いに糞をして自分の主張している場合もあるだろうが、一つの糞が古くなって匂いがしなくなったからするのではないだろうか?それはぼくが糞を取り去ることでまたその場所に糞をすることと同じ行動と云うことになる。
そう考えると、この2か所は広沢寺温泉駐車場から歩いて1キロくらいの所なので、明日にでも行ってみたくなった。

2018年2月9日金曜日

カモシカとイノシシの足跡と蹄  Serow and wild boar footprint(track) and their cloven hooves

昨日はシカ、カモシカ、イノシシのたくさんの足跡があったので、アップしたい。シカは5日の山歩きでアップしたので今回はカモシカとイノシシの足跡をアップし、さらに過去の資料から足の裏の蹄(ひづめ)と副蹄も再度アップする。足跡と足の裏の蹄と副蹄の位置と形を見比べて!
先ずは、不動尻から幅広の平坦な仕事道を歩いていて、見つけたカモシカの足跡だ。何故、カモシカかと云うと足跡の真後ろに少し広がった副蹄の跡もしっかり着いているからだ。シカではこんなに後ろまで副蹄の跡が着かないのだ。
9:01  カモシカ足跡

唐沢峠から石尊沢にトラバースしながら降りていく斜面に、イノシシの足跡だ。蹄の後ろに逆ハの字型に開いた副蹄の跡が判るだろう。
11:09 イノシシ足跡

カモシカの後ろ足の蹄と副蹄(赤丸で囲む)
20090128 塩水林道から弁天尾根に登ろうとしたところで

イノシシの蹄と副蹄(副蹄の間を押しているからハの字型に開いている訳ではない)
20090325 伊勢沢沿いを遡上していて、猛禽(オオタカ)が飛び立ったので見つけた。

2009年1月のカモシカの死体は3月に見に行ったら、角が切り取られ、頭骨と脊柱しか残っていなかった。同年3月のイノシシは頭部を切り取って持ってきたのだが、肉が新鮮だったので、3日後取りにいったら内臓も全て無かった。カモシカもイノシシも猟師の心得のある人たちが運んだものと思われる。

2018年2月8日木曜日

GPSを落とした!  I lost the GPS recorder.

今朝は6時に家を出る。渋滞に巻き込まれなかったので広沢寺温泉駐車場には7時に着く。GPSをオンにして歩く、5日のテン糞を見つけた同じ場所でテン糞①、②を見つけゲットする、ゲートの中に森林整備の為の車が2台停まっている。何故か2台とも福井ナンバーだ。
5日の日に比べたら人の多くの足跡がある。雪というよりは氷だ。
8:06 登山靴の足跡、アイゼンの跡もある。
8:14 不動尻だ。煤ケ谷方面からの足跡も多い。
8:29 アイゼンを着ける。
アイゼンを着けると氷が足に絡みつくようだ。
登山路は下の橋を渡って右に行くのだが、5日の日に降りてきた広い仕事道を行くため、橋を渡って石垣に沿って左の道を行く。
8:45 この橋を渡って突き当りの石垣に沿って左に行く。
1時間くらい先日下りてきた道を登って行くと登山道を合流する。
ここからは登山道歩きだ!
9:43 登山道を合流
9:48 ここから登山道に登る
9:50 今までほとんど平坦な道を歩いていたので、この急な登り階段にため息だ!左に張られているロープはそちらは登山路ではなく、仕事道の印だ。
10:05 昔のシカ柵越えの朽ちた梯子の横を通過
10:31 雪が深いが、一度歩いた上に足を乗せると沈まない
雪の踏み分け道はほとんど直登気味に着いている。ようやく稜線に着く。何か腹に容れたいが唐沢峠まで行くことにする。
10:37 稜線着
10:37 三峰方面への踏み跡もしっかりしている。唐沢峠・不動尻・三峰の三叉路になっている。ぼくは、唐沢峠へ
唐沢峠への踏み跡は登山路を行かないで稜線を下っていた。
10:47 唐沢峠で胸を張って!向こうは大山北尾根
この唐沢峠の東屋で朝食用のアメリカンドックを食べようと思ったが、サーモの熱いウーロン茶を飲んだけで止めた。寒い!
今日は、石尊沢の川原に降りるだけにしようと思い、沢へ下る道を行く。が、踏み跡がばらばらだ。正しい?踏み跡は途中でそのまま沢に降りていき、ぼくがラッセルしトラバースしなければならない。20メートルくらい進んで諦める。川原に降りたとしても戻るのが大変だ。登りのラッセルはぼくのような年齢の者には向いてない。若者向きだ!
川原の写真を撮り、ネクタイ尾根までの踏み跡を確認する。
11:12 右に石尊沢の堰堤だ!
石尊沢の川原は雪が深そうだ。調子が良かったら、ネクタイ尾根・北尾根・大山・梅の木尾根・日向山・見城山と回って車に戻ろうと思っていた。が、雪が多いのですぐ諦めた。 
11:12 ネクタイ尾根への踏み跡が見える。
唐沢峠に戻り、そのまま来た道を戻る。下りは、踏み跡が無い雪面を滑るように歩く。気持ちが良い。途中から広い仕事道を歩く。この仕事道、軽の四駆でもちょっと無理だろう。路肩が弱すぎる。
ツルウメモドキの赤い実が落ちてしまった?それとも鳥が啄んだ?
途中、雪が降りだし。車での帰路が心配なので、急ぐ。
13:29 雪がたくさん降ってきた
ゲートを過ぎてからアイゼンを外し、急いでいたため転ぶ。また、転ぶ。
ザックの再度に入れてた500ccのペットボトルが落ちて転がる。凍った道路上を20メートル以上も滑った。っと胸のポケットに容れていたGPSが無くなっているのに気が付く。雪が降っていなければ戻って捜すのだが、どこで落としたか判らない。諦める。

今日は、シカ、カモシカ、イノシシの足跡がたくさんあった。しかし、彼らの食い物は見当たらない。また、テン糞も雪上で一個見つけた。どうも、野生動物たちは、先日の雪が降った後3,4日は動かずにじっとしていたようだ。巣穴を持つテンやタヌキなら巣穴で待機しているのも判るが、シカやカモシカ、イノシシはどうしているのだろう。

2018年2月7日水曜日

雪上では糞は見つけられなかったが、、、Althoug, I couldn't find the scats on the snow ,,,,,

今回は、雪上歩きなので、動物たちの足跡が主な目的だったが、人家から少し離れたところの道路ででテン糞を拾えた。
8:46 テン糞① 3個とも拾ってきた。別々の日にしたものだろう。 三つの糞はもう少し離れてあったが、ナンテンの葉の右の糞に少しづつ寄せた。同一個体のものだろう。
水洗いして茶漉しに残った内容物は
カキの種子・果皮・果肉、サルナシ種子、両生爬虫類の骨片
この骨片、カエルではないようだが、イモリかトカゲかカナヘビか全く判断がつかない。

8:53 見たところ初めはテン糞、よく見て鳥糞、さらに糞からはみ出ている内容物見てテン糞②と確信した。何故かピンボケの写真となってしまった。
糞の内容物は
マメガキの種子・果皮・果肉・果柄、小哺乳類の手or足根骨・骨片・毛多数、砂
小哺乳類としたのは手根骨か足根骨と思われる小さな骨がヒミズなどより大きいからだ。ん?モグラの可能性もあるかな?と思い3時間以上手持ちの標本のヒミズ、アカネズミなどと照らし合わせた。ちょっと判断できないので小哺乳類とした。現場でできるように毛を拡大鏡で見ただけで同定できるようになりたいものだ。

8:55 テン糞②から60センチくらい離れた場所にテン糞③!これも何故かピンボケだ!
内容物は
サルナシの果皮・果肉・種子であった。
恐らく、テン糞②と③も同じ個体のものだろう。

テン糞①があったのは大釜弁財天道の手前の道路の脇だ!

テン糞②と③があった「山の神沢橋」の端
今回は、アイゼンを付けての雪上歩きで動物たちの足跡を観察しようと歩いたが、
氷が融けた里近くの道でテン糞を見つけることができた。
もっと、もっといろんな動物たちの足跡が見たかったが、叶わなかったが糞を拾えたので良しとしたい。

2018年2月6日火曜日

シカとカモシカの足跡  The foot prints of sika deer & serow.

昨日の山歩きの目的は雪上に残された足跡を観察することだった。
しかし、不動尻を過ぎても、登山口に辿り着いてもほとんど足跡を見つけることができなかった。が、稜線近くになって見つけた。
これは、シカ?カモシカ?の足跡、イヤ、イノシシ可能性ある。
足跡から下から上に登っていったことが判る。
 一頭の有蹄類が登っていく足跡
シカ、カモシカ、イノシシの足跡の大きな違いは、副蹄だ。詳細はこのブログの検索ができる左上の小さなボックスで、「シカとカモシカの蹄」タイプして下さい。
 真上から撮った。もちろん、左に蹄の先がある左の足跡だ。内側の第三指の蹄が第四指の蹄の跡より大きい。まったく副帝の跡が判らない。シカだ!

しばらく下って車が通れる幅の作業路に出るて枚で、糞だ!カモシカ?シカ?
 カモシカの足跡と糞
糞が少しだがまとまってある。足跡の真後ろに少し横に広がった副蹄が判る。これはカモシカだ。シカは横に広がらない。
しっかりと副蹄の跡も見られるのはカモシカだ!

2018年2月5日月曜日

今年初めてのアイゼン The first time crampon in this year.

今日は、家を出たのが7時頃だ。当然のごとく、朝の通勤渋滞に巻き込まれる。6時に出ていれば1時間以内で広沢寺温泉駐車場に着くのに、着いたのは8時半過ぎだ。つまり、1時間半以上もかかったのだ。渋滞で、追突事故を起こした事があるので、前の車のバンバー下までが見える状態の所で止まる。それでも渋滞は気を遣う。

車を置いて歩きだして、山の神橋を過ぎた頃から道路全面に雪が覆っており、凍っている。アイゼンを付けないで、ストックもザックに背負ったまま歩く。
ゲート前でもストックもアイゼンも出さず。凍っているので、歩きづらい。
9:16 二の足林道のゲート

歩きづらいが不動尻を過ぎた三峰・大山の登り口のところで休んで、アイゼンも装着することにしようと思いながら歩く。もっともっと早めにアイゼンを履くべきだった。
9:30 山の神隧道を出たところでフサザクラの倒木が行く手を遮る。
 滑るので歩きづらいので、雪の上を歩く。
9:47 二の足林道終点
不動尻を過ぎる。煤ケ谷方面からも登山者の足跡が多数着いている。
登り口の陽が当たる石に腰かけて、先ず、サーモの熱いウーロン茶を飲み、昨夜点検したアイゼンを付け、ストックを出して各節を締める。さぁー、行くぞ!っと気合が入る。
10:22 アイゼン装着
雪道だが、凍っているので、ザクザクというアイゼンの音がなんとも気持ちがよい。しかし、何故か、両方の二の腕が寒い感じがする。ザックから耳掛けを出して、耳に着ける。おー、何年かぶりの耳掛けだ。頭全体が温かい感じだ。
10:57 スギ?ヒノキ?林の中の道を登る。
登るにつれた、雪は次第に深くなる。何だか、この所の食べ過ぎで身体が重い。今日は、唐沢峠で引き返そうなどと思うようになる。
11:28 幅広の雪道
太かった雪道も雪が深くなるにつれて細いものになっていく。
新しい雪をラッセルするのはエネルギーを使うため、前の人が歩いた後をトレースするようになるからだ。
11:39 細くなった雪道を振り返る。
今日は、ここまでだ!あと20分も歩けば稜線だろうが、戻ることにする。それは、これまで歩いたことがない道に登山者の足跡があったので、その道を下って見たいと思ったのだ。
11:30 稜線方向を見る。ここで引き返す。
下る。登山道に着けられた踏み分けられた雪道を下るのは歩きづらいので、誰もが歩いていない雪面を下る。もの凄いショートカットだ。アイゼンを外して下りたいくらいだ。
登山道と車が通れる仕事道のところで、その仕事道を登ってくる女性の小さな足跡と下る男性の足跡がある。これを最後まで下ってみよう。
この仕事道は車(4輪駆動車でないと無理)が走れるように作られているから、僅かな斜度で下る。大きくジグザクになっている。その通りに下っていく。
何故か、ミツマタが多い。広沢寺温泉か煤ケ谷では昔は和紙でも作っていたんだろうか?
まるで、ミツマタの畑と思われるような場所もある。 
12:16 ミツマタの花

12:30 ミツマタの段々畑
膝が笑うこともなく、次第に沢の音が大きくなって登り口の壊れそうな橋のところに降りてくる。下図だ!
駐車場には13:45に到着だ。林道ゲートを過ぎてから歳をとった女性が登ってきて、声を掛けられる。その後、50代の男性も登ってきた。
駐車場はたくさんの車で埋まっていた。
歩いたGPS状のルート