「特定秘密保護法反対」

「特定秘密保護法」、「集団的自衛権」に反対します。憲法第9条をしっかり守りましょう。教育勅語の教材活用は間違いだ!

自由であっても、他人の生まれ、性別、年齢、故郷、風習、宗教を差別する、小馬鹿にする、冒涜するのは許されない。

原発不要・核廃絶


2017年6月10日土曜日

何これ?鳥の糞みたい。アゲハの幼虫だ! What is this? Looks like bird's dropping? It's a larva of black swallowtail.

昨日は専門学校が休講なので、午前中にウメの木とユズの木の剪定を行った。ウメの木はもうアブラムシだらけである。伸びてきた新しい緑の枝という枝は、ほとんど全てアブラムシが枝の回りに団子状態についている。枝を剪定バサミでちょん切り、大きなビニールのゴミ袋に容れる。アブラムシだけでなく、アブラムシの蜜をもらうクロオオアリもたくさんいる。さらに、テントウムシダマシやナナホシテントウとそれぞれの幼虫たちもいる。
テントウムシよりもテントウムシダマシの方が多い。テントウムシは幼虫もアブラムシを食べてくれるイイヤツだが、テントウムシだましはアブラムシと同じような害虫だ。
 始めは連れ合いと二人で、ぼくが枝を切り、連れ合いがその枝をゴミ袋に容れていたが、ほとんどの新枝を切り取ったため、連れ合いはユズの木にとりかっていた。
と、「何これ?鳥の糞みたい」とユズの葉についたアゲハの幼虫を持ってきた。こうやって鳥糞に似せると鳥たちは騙されてこの幼虫の食べないからだ!とアゲハの幼虫であると説明する。コヤツをこの枝ごと、ユズの枝にしばりつけた。
この幼虫は白く鳥糞に似せているので、触ってみた。何と驚いた事にヌルヌルしているわけではなく乾いている。そうやって触っていると、「鳥糞に似せているのに触るヤツがいるか?」と幼虫君はもそもそ動き始めた。ネットで調べるとアゲハの若齢幼虫はたいてい鳥糞状であり、これはクロアゲハであった。
この後、林道歩きで拾ってきたテン糞を洗った。ようやく、初夏の果実食いが始まっている糞だ!

0 件のコメント: