「特定秘密保護法反対」

「特定秘密保護法」、「集団的自衛権」に反対します。憲法第9条をしっかり守りましょう。教育勅語の教材活用は間違いだ!

自由であっても、他人の生まれ、性別、年齢、故郷、風習、宗教を差別する、小馬鹿にする、冒涜するのは許されない。

原発不要・核廃絶


2017年6月9日金曜日

丹沢のシカとカモシカはエサを巡って競合関係がある? Is there a competitive relationship for foods between Sika deer and Japanese serrow in Tanzawa Mts.?

ー昨日の伊勢沢林道歩きの続きー
昨日は、雨が降りそうで降らない、否、少し霧雨状の時も数分あった。が、晴れて陽が射す時もあった。が、9時頃になってとうとうポツポツときたので戻ってきたが、それも途中で止んだりで、はっきりしない天気であった。
イノシシが林道の上にあった枯れ葉などが雨に流されて積もった腐葉層を掘り起こしてミミズやハサミムシなどの土壌動物たちを漁った痕だ。それにしても派手に掘り起こしたものだ!
上の写真から1、2分ゆっくり登って行った所から掘り起こしの方を振り返る。林道の両側には枯れ葉が積もっている。それらを鼻で押し退けながら土壌動物を漁りながら下って行ったのだ。
林道の山側斜面を斜めに林道に下りてきた足跡がある。イノシシが歩いた跡だとは確信できなかった。おそらくイノシシであろうと思った。が、次の食痕の状況からシカかカモシカかも知れない。

フサザクラの木の根本から出ているヒコバエが食べられている。シカ?カモシカ?何故、低い位置の部分しか食べていないのかな?

この木本のウリ科?の植物の新葉が食べられている。誰が食べた?シカ?カモシカ?シカならどうして側の草も食べないのかな? これはキリの若木ではというやまぼうしさんのコメントをもらった。キリなんてまったく思いつかなかった。

ガードレール沿いに生えているニガイチゴの枝も食べられている。
ノイバラの新枝も食べられている。
ガードレール越しのクマシデの新枝も食べられている。首を伸ばして食べたんだ! そしてこれもクマシデではなくケヤキでは?とヤマボウシさんのコメントをもらいました。
この辺りにはシカもいればカモシカもいる。樹皮を齧った痕なら歯型の歯の幅で幅広ならシカ、細ければカモシカと推定できるのだが、こうやって柔らかい枝先を噛み取られるとお手上げだ。しかし、シカはHerbivore草食動物、カモシカはFolivore葉食動物の傾向があるのでこれらの食痕は草本ではなく木本なのでカモシカの可能性があるかな?しかし、この辺りの林床は草本で埋まらない。あるのはシカが食べないマツカゼソウやオオバイノモトソウが大半だ。そうなると腹が空いたシカも食べていることになる。
丹沢のシカとカモシカは生息域の違いは無いので、この両種は食物を巡って競合関係にあると云えるかもしれない。

やまぼうしさんコメントありがとう!

0 件のコメント: