「特定秘密保護法反対」

「特定秘密保護法」、「集団的自衛権」に反対します。憲法第9条をしっかり守りましょう。教育勅語の教材活用は間違いだ!

自由であっても、他人の生まれ、性別、年齢、故郷、風習、宗教を差別する、小馬鹿にする、冒涜するのは許されない。

原発不要・核廃絶


2017年9月19日火曜日

風邪をひいて、庭に出る。  Being caught a cold, and went out back yard.

日曜日に専門学校へ行った。チャレンジキャンパスで高校生向けの授業をやるのだ。台風接近中だったので、授業は1時間だけにして早めに参加者を帰した。ぼくが担当の野生動物専攻には長野県安曇野の高3の女子高生が一人来た。一人だけなので用意していた授業は行わず、動物たちの足跡から、歩き方などなどについて持って行った骨などを見てもらいながら話した。帰路、JR東海道線に乗ったら何故か寒気がして鼻水が止めどもなく出る。戸塚で市営地下鉄に乗り換えて、駅の階段を登る時も何だか辛い。アルコールを飲めば一気に風邪気など吹っ飛ぶだろうと帰宅後すぐウィスキーを2杯飲んだが、頭がぼーっとするだけでさっぱり爽やかな気持ちにならない。夕食後、風呂を浴びてすぐ寝た。この時には、鼻水に加えて喉が痛い、手足の節々が痛く怠いといった感じ。喉の痛みはルゴール液があったのでそれを喉につける。この感じ、アフリカに行っていた時、口を開けながら箸に脱脂綿に浸けたルゴール液を喉に押し付けていたが、今はスプレーなのでシューで終わりだ。

翌日は、台風一過の青空をベッドに寝ながら見て過ごした。喉はシューのお陰で痛みはなくなり、お昼を食べに階下に降りた時に、市販の風邪薬を勧められる。
コムラサキシキブの実
 今朝は、その風邪薬が効いてくれたのか、かなり楽になったので、庭にでる。
サルスベリの木に絡まっているヤマイモの蔓にムカゴがついている。台風の風が落ちなかったのだ。
8時半になったので、通いつけの内科の順番を取りに行く。もう、降圧剤も一錠になってしまっている。9時開院なのにぼくは7番目ですでに何人かの患者さんが待っている。内科があるビルは我が家から家を2軒隔てた同じ区画内の町内だ。だから、自分の名前だけを書いて、戻る。隣の家の生垣にアオツヅラフジが絡まっていた。
アオツヅラフジの果実
玄関脇には、シソがたくさんあり、シソの花が咲き始めている。このテンプラが美味しい。
我が家の玄関脇のシソ
9時半になったので、内科へ行くが、自分の番はまだだった。でも、そのまま待合室で座って待つ。ぼくの名前が呼ばれて、診察室に入る。前回の血液検査の結果が長々と説明される。糖質を制限しなければいけないようだ。米、芋、蕎麦はダメなようだ。

2017年9月16日土曜日

タヌキもハクビシンも食べているものは同じものだ! The same fruits that racoon dog and palmcivet ate!

11日、広沢寺温泉→不動尻→唐沢峠付近稜線→三峯山・不動尻登山道→不動尻→広沢寺温泉 と歩いた。このルートで見つけ拾ってきた糞は3個であった。
6:51、大釜弁財天へのハイキング路(参道?)を過ぎて間もなく、石垣近くの道路上にテン糞だ。半分をゲット。帰路見ると、残りの半分が残っていた。
6:51、テン糞
サルナシ種子・果皮、エゾエノキ種子・果皮、直翅目産卵管
10:23、唐沢峠からの稜線をそのまま北に歩いた3回目の870+αメートルのピーク付近でタヌキのタメ糞だ。面白いことにタヌキのタメ糞は尾根上にあることが多い。
タヌキ糞
ヤマボウシ種子、ミズキ種子、膜翅目翅、土砂
10:41、なだらかに下る尾根上にたくさん落下しているヤマボウシの実の側に、形状がはっきりしないハクビシンのタメ糞だ。ハクビシンもタヌキと同じようにタメ糞をする。
ハクビシン糞
ヤマボウシ種子・果皮
テンは早くもサルナシを食べており、いよいよ動物たちのサルナシ食いのシーズンに入った。また、タヌキもハクビシンもヤマボウシを食べており、ヤマボウシは今の時季は熟して枝から地面に落下するので、タヌキに限らず、木に登れないアナグマにも絶好の食物だ。落下しているヤマボウシの実をいくつか拾って食べたが、これがネットリして甘い。種子さえ上手に取ることができればジャムもいけそうだ。でも、ヤマボウシは山で拾い食いだけにして、動物たちに残してやろう!

今朝、庭の水道で糞洗いをした。何だか、久しぶりの糞洗いだ。洗っていると、連れ合いが顔出して明日の台風は大きそうだから、庭木に吊り下げているランを部屋に取り込んだらと云う。糞洗いよりもラン鉢の取り込みの方が大変だった。

2017年9月15日金曜日

細い稜線は動物たちの廊下 The narrow ridges are the corridow of mammals

朝飯用のソーセージとパンを食べ終えて、イノシシかカモシカかシカの休み場の跡を見る。半径1メートルくらいの広さだ。木の根が見えているので、イノシシが掘って齧った?かと思った。
9:49、ヌタ場、大きさの比較のためストックを右上に置く
足跡が残っていたが、誰のものなのか判断できない。
足跡があったが、、、
身体を地面に擦ったために木の根も浮き出たことが判り、動物の毛を探す。あった!長い毛が5,6本あった。カモシカの毛だ!
20センチくらいの長さの白と褐色に色分けしたのダンダラ模様の毛があった
なんと、目の前の立ち木にカモシカが角砥ぎした痕があった。身体をここで地面に擦ってダニなどの寄生虫を落とした後、その場にあった木で角砥ぎをしたのだ。
角砥ぎの跡
次第に細尾根になっていく。
9:59、モミの松ぼっくりのリスの食痕
稜線に沿って獣道(多分、カモシカやイノシシ)が縦横に走っている。
10:15、ここにもリスのモミの食痕
一度下ってから、再び登るとなだらかな平坦地にでる。
10:32、タヌキのため糞だ!
黒くなっているが、どれも新しいタヌキのため糞を見つける。もちろん、一塊をゲットだ。少し平らになった稜線を歩いて行くとキブシの実が多数散らばっている。キブシの実が風で落ちることは少ない、きっと動物が木に登って落としたんだ。もちろん、採食するためだろうが、今の時季にキブシを食べるのは誰か?このような落とし方をするのは鳥かな?頭上のキブシの枝には房状になっている筈のキブシの実が歯が欠けたように取られている。やはり、鳥かな?どなたか判りますか?
10:38、何故か、キブシの実が多数落下して散らばっている。
すぐ、進行方向にはヤマボウシの実がまるで背負い籠からぶちまけたように落ちている。この時季のヤマボウシの実は熟すと落ちるので、風で落ちたか?
10:40、たくさんの赤い実や黄色の実が落ちている。ヤマボウシの実だ!
側まで、行ってみると、黒い糞の塊がある。ヤマボウシをこの場で食べて、この場でウンチをしたんだ。匂いを嗅ぐとタヌキではないので、ハクビシンの糞かな?もちろんゲット!
黒い糞の塊 
10:49、不動尻1.4キロ、三峯山0.7キロの道路標識がある三峯からの登山道と合流する。ここで、20分の大休憩だ。江の島が見える。また、雲が流れて強い日差しとなる。何故かいつも山でのお握りは喉を通らないので水で流し込む。さらに足が攣らないようにエベリンゾン塩酸塩を一錠飲む。
10:49、三峯からの登山道と合流し、休み台でお握り1個をたべる。
江の島だ!チビカメラに望遠レンズをつけて300ミリで撮る。
不動尻からの稜線ルート
ゆっくりジグザグに折れ曲がる登山道を下り、いくつかの鎖場を通って不動尻に着く。ここから車を置いた広沢寺温泉の無料駐車場までもうすぐだ。途中で朝見たガマが殺されていた。帰路、渋滞に巻き込まれ自宅には16時半過ぎに着いた。もちろん、すぐシャワーを浴び、缶ビールだ。しかし、このところ缶ビール一本で眠くなってしまう。

2017年9月14日木曜日

ヤマホトトギスが咲いていた。 Tricyrtis sp. has broomed.

昨朝は不動尻に着いてから、三峯山の方に行かないで大山への急登コースを取った。稜線に出てから、三峯に行くか唐沢峠から梅の木尾根のコースを取るか稜線に着いてから考えようと思ったのだ。大山方面への道をとってすぐヤマホトトギスが一輪咲いていた。しかも、これはこの日の朝咲いたようだ。草丈が10センチくらいで華憐な感じだ! っとチビのヒルが何故かぼくの左手についている。立ち止まるとこうだ。晩夏になり秋が近づいたとは言えヒルはまだまだ活動している。
登りながら何故ヒルが左手についていたか考えた。何のことはない。ホトトギスの花に被さっていたコゴメウツギの枝を左手でどけながら右手でチビカメラのシャッターを押したからだ。
9:06、 道標が立っている。不動尻から1.3キロも来たんだ。不動尻で休んで出発シタノガ8時15分だから、40分も登り続けていたのだ。もう、鼻先から顎から汗が落ちる。額からの汗が目に入るので、ここで小休憩だ。スポーツ飲料を飲み、水を飲む。あんなに晴れて日差しが強かったのにいつの間にか曇ってきている。
大山3キロ、不動尻1.3キロの道標
9:31、稜線着。ここで一休みしようと思っていたが、足は道標の反対側の三峯の北方に向かい。湿っていない乾いた倒木か木の根を探しながら北へ進む。
9:40、イノシシかカモシカかシカが休んだか、皮膚に付いた寄生虫を落とすために身体を地面に擦ったと思われる場所があったので、その側で、枯れ木を集めて座る。
ここで、神奈川県道64号線から広沢寺温泉への入り口のところのコンビニに買った、ソーセージとパンを食べる。水もたっぷり飲む。汗で濡れたシャツが冷たく感じ、木々の間を通ってくるそよ風が寒く感じる。熱いお茶を飲みたい!

2017年9月13日水曜日

久しぶりの丹沢!  Tanzawa after long time!

今日は久しぶりに丹沢へ行ってきた。
車に乗ってすぐ補聴器をしてこなかったことに気が付いた。また、ガソリンが殆ど無い状態だと分かった。車に乗った時は塩水橋に車を置いて歩こうと思っていた。しかし、ガソリンの量からしてとても往復は無理なので、広沢寺温泉無料駐車場に決める。
6時半に駐車場に着く。GPSをセットしてすぐ歩き出す。
6:51、テン糞だ。内容物は何かな?
 歩き出して間もなく30分以内にしたと思われるテン糞を見つける。大きな種子が入っている。なんの種子だろう。もちろん、ゲットする。帰路の時には内容物がほぼ確実に推定できる。
7:03、カタツムリが朝陽を真横に受けている。
この巻貝が生きて歩いているのを見たのは初めてかな?こんなにも伸びるものなのだ。

7:22、シラカシのドングリをつけた小枝が道路に落ちている。
ハイイロチョッキリの仕業だ!

7:38、ガマ(アズマヒキガエル)だ!側に寄っても動かない。
帰路、このガマが無残に殺されていた。
何故か、ガマやヘビを見つけると殺す人たちがいる。同じようにキノコを蹴散らす人たちがいる。ガマやヘビもキノコも大事な丹沢の自然を占める一員だ。無闇に殺したり蹴散らすことは辞めよう。

8:14、不動尻で休んだ時にシラカシのドングリにハイイロチョッキリが開けた穴

2017年9月11日月曜日

赤坂ギャラリーでの山極寿一さんの講演 The lecture and/or address of Dr.J.Yamagiwa in Akasaka-gallery.

昨日は、京都大総長でありゴリラ研究の第一人者である山極寿一氏の講演が赤坂サカス横の赤坂ギャラリーで午後2時から行われた。科学的認識論の話から始まり、日本のサル学史、さらにはゴリラ及びアフリカ観へと移り、ゴリラのドラミンゴからゴリラの挨拶の見つめあいのアイコンタクト、ヒトと類人猿たちとの成長期の違いからヒトのアカンボウがゴリラのアカンボウよりも大きく生まれるように進化した要因などと話しは広がり、最後に現地の人たちと結びついたゴリラ保護のポポフ基金http://popof-japan.com/blog/?page_id=2とエコツーリズムについて話しをした。
講演終了後は、山極氏を囲んでの最初はビールでワインを呑みあった。ぼくは、山極氏とは奥湯河原、屋久島、旧ザイールのカフジで一緒にサルを追っている。彼がゴリラをやるようになった時、彼にもっとも適していると思ったものだ。奥湯河原ではぼくのバイクの後ろに乗せて走ったこともあった。屋久島では半山で夜明け近くまで呑んでいたこともあった。カフジでは山や人々やゴリラの事を教わった。呑みだすとそれらの事がつい昨日のように思い出された。

2017年9月10日日曜日

初秋の朝 The morning of the first autumn. 

今朝、久しぶりに境川沿いの散歩道をカメラを持って歩いた。
汗を流しながらジョギングしている人たち、スタイルを決め猛スピードで自転車に乗って走りすぎる人たち。犬を連れて歩いている人たち、ぼくは散歩というよりもWalkingのつもりだ。同じか!
もう、騒がしい程の虫の鳴き声が草叢から聞こえてくる。これまで、そうアフリカから帰ってきてからだからもう20年近くも草むらで鳴く虫の声を聴いたことがなかった。聴こえなかったのだ。しかし、高周波数が聞こえる補聴器をつけての最初の秋を迎え、庭で鳴いているコオロギたちの声が夜になるとたくさん聴こえてくる。世の中はこんなにも音に溢れているんだということを実感している。
クズの花が咲いていた

ぼくが、立ち止まって草木を撮っていると、怪訝そうな顔して通り過ぎる人もいる。ハギが咲いている。暑い暑いと思っていたがこのところの朝夕は冷える。秋が訪れている。
ハギの花

秋の花がたくさ咲いている。これを見ずに走り去るのは如何にも残念だ。
オオマツヨイグサの花 

これは、ママコノシリヌグイのようだが、1.5メートルは有に越える。アキノウナギツカミかな?

草丈60センチ以上のオオイヌタデ

アレチウリが土手を覆っている。

イタドリの花が道路側にはみ出して咲いている。

栗林があり、もう大きなイガとなっている。

ムクノキが実をつけている。

鳴いている虫を見つけようとしてしゃがんだらやぶ蚊に腕を刺された。4種類以上の虫が鳴いている。その静かさを破って厚木飛行場からのジェット機が飛ぶ。昨夜は音を響かせて飛ぶジェット機が厚木飛行場から魔弾鳴く頭上を飛んでいた。
沖縄の人たちはそれが日常となっているんだ。
歩いてきた方を振り返る 

境川沿いのサイクリング道路 向こうに掛かっているのは横浜市営地下鉄と相鉄線の陸橋で、左は終点の湘南台駅右は横浜方面

2017年9月9日土曜日

新しいパソコンを買う Bought a new PC!

今朝、EpsonDirectからの新しいデスクトップが届いた。
今年4月以降、騙しだまし使っていたパソコンを電話での修理でリカバリーしたのだが、それが二日も持たなかった。リカバリー前と同じように途中で、フリーズしたり、シャットダウンしたり、新しいファイルに更新中と出たり、ただメールの見て返信するだけにしか使えなかった。

古い本体と汚れたキーボードは引き取ってもらった。ディスプレイは以前のものだ。officeのソフトやプリンターや必要なソフトをぶち込み、ようやく終わった。疲れた。

で、何故か、タンガニーカ湖湖畔に住んでいた時のことを思い出した。
ラップトップのパソコンを屋根上のソーラパネルの発電で使っていたのだ。
もちろん、ネットはできない環境だった。と言うよりも当時はまだWindowsがなく、MSDOSの世界であった。当時、ハードディスクが1メガで1万円だったと記憶している。アフリカに持っていくPCに10メガのHDを挿入してもらたのだった。
古いPCやHDやフロッピーディスクなど無用の長物となってしまった。
それでも、20年前にアフリカに持っていった物は記念として持っている。
上の写真はタンガニーカ湖畔のかっての我が家だ。1998年8月にTBSラジオの特別企画番組のSavetheGreatApesでアルーシャから飛んだ飛行機の上から撮る。
そう、明日、SavetheGreatApesで京都大総長の山極寿一さんの講演が午後2時から赤坂サカス横の赤坂ギャラリーである。

買い換えて良かった。馴れた二つのディスプレーを1と2で使い気持ち良い。
この新しい機種には6年間もの保証修理をつけた。これで、気持ちの上でも安心だ!
これが使えなくなったらもうデスクトップは必要ないだろう。

それにしても今年の夏は天候不順だ。丹沢へ行こうと思っても雨模様とでる。
それと、ヒルの事を考えて何となく行きそびれてもう9月になってしまった。
専門学校の前期の試験の採点も昨日で終わった。
来週は、少々雨模様でも出かけることにしよう。

2017年8月30日水曜日

たくさんの動物たちがいるよ!  A lot of wild lives habit!   

8月24日に知人の知人に誘われて御殿場から富士山の裾野に広がった広大な演習場で行われた「富士総合火力演習」を見てきた。見に行ったのは日本の防衛能力の実態を知りたいと思ったからだ。まだ、暗い朝4時に知人の家に行き車に乗せてもらう。
自衛隊の火力演習場:
遠くに火力が狙う的がある
 御殿場の自衛隊の富士演習場の駐車場に車を置いて、そこからバスに乗って火力演習場へ行く。バスから降りると、ドーンっというすさまじい音が胸を打った。ん?もう始まっている?
演習の観客席券
ぼくが持っている券は一番前のシート席
ぼくらの席は地べたに敷かれたシートの上に座るものだ。幸い、一番前の席で足を前に投げ出せる 。しかし、ここからぼくの苦痛が始まった。ぼくは身体が堅くて胡坐をかくこともできないのだ。どのように足を投げ出しても腰から下が痛い。演習が始まらないのに太腿や脹脛が攣りだす。演習が始まったら少しは気が紛れるだろうと、とにかく我慢に我慢に重ねた。
そのパンフレット
 演習が始まった。あまりの音に補聴器を外す。それでも耳を塞ぐ。皆で、こんな音の中でシリアなどの紛争地の人々は暮らしているんだと話し合う。
モンシロチョウが飛びまわり、ギンヤンマが目の前の杭にとまる。動物たちは生きた心地がしないだろう。演習場には昆虫ばかりでなく、両性類や爬虫類、鳥やモグラやアカネズミだって生息しているだろう。その地面を猛スピードのキャタピラ付きの車が走る。動物たちは簡単に轢き殺されてしまう。
パリ・ダカール間の砂漠を車で走るレースがあるが、砂漠だって動物たちは生活しているのにそれを無視し、車で轍をつける。どれだけの小動物たちが殺されることだろうっと中学の時に思ったものだ。自動車レース以上に人が作った道具が演習場という名に生息している動物たちろ苦しめている。
北朝鮮の核実験で山が揺れる様子、あるいは米韓合同演習で富士演習場で行われる以上の爆弾の嵐が動物たちが生息している自然の山々で行われている。
的に迫撃砲の弾が当たる
 休憩時間となり、座り席の人々は立ち上がる。もう、5、6万人はいるだろうかという観客である。ぼくは立ち上がるのが大変だった。
全国からきた観客たち
13時過ぎに火力演習は終わり、ぼくが受けた拷問は終わった。登場した装備車が並んだ。パンフを見ると、あんなに身体全体に響く強烈な音を出していた陸上自衛隊の装備は、96式装輪装甲車、89式小銃、74式戦車、99式自走りゅう弾砲とか古い型のものが多かったのだ。
勢揃いした戦車、戦闘ヘリコプターなど
 勢揃いした装備車を大半の人々が近くまで行って見たり、触ったりしたようだ。ぼくは、観客が少なくなったスタンド席に腰をおろして変わらぬ富士を仰ぎ見ていた。
変わらぬ富士山