「特定秘密保護法反対」

「特定秘密保護法」、「集団的自衛権」に反対します。憲法第9条をしっかり守りましょう。教育勅語の教材活用は間違いだ!

自由であっても、他人の生まれ、性別、年齢、故郷、風習、宗教を差別する、小馬鹿にする、冒涜するのは許されない。

原発不要・核廃絶


2016年12月31日土曜日

大山付近の自然探索 続) Nature exploration around Mt.Ohyama area.continued)

東屋に20分位いた。
それは、大沢分岐直前の急峻なつかまる箇所が殆んどない箇所が霜柱どころかアイスバーン状に凍っていたら引き返すしかないだろうと思っていたからだ。

東屋を出て、5分くらいで問題の場所に着く。トラロープが掛かっている。
ロープが結ばれている上部の木と結びを確認し、一応体重を乗せて引いてみる。
しかし、このトラロープにはこの時触っただけで、ストックは短くしてザックに縛り付け、足元を確かめ、三転確保をしながら登る。主に木の根をつかみ、岩を押さえながら一歩一歩だ。
登り終わって、登ってきた道を写真に撮った(Fig.1)が登前は9時50分を過ぎていた筈だ。
だから、注意しながら、三転確保の原則を守れば何の事はない。
しかし、下りはイヤだ!
ザイルを持たなければ大山の帰路のエスケープルートとしては難しいだろう。
Fig.1 9:55、急峻な場所にマメザクラの木がある急峻な尾根道

なだらかな尾根を歩いて間もなくFig.2の道標がある。
もう、大沢分岐だ!
Fig.2 9:59、登ったところにある道標

梅の木尾根の大沢分岐で横になってセルフタイマーで記念撮影だ!
歩きだして間もなくラジオの音を大きくしながら中年の単独行の登山者が登ってきた。
クマ除けと考えてラジオの音を大きく響かせながら歩いているのだろうが、折角、山に一人で歩いているのだから、下界の音などシャットアウトしたい気持ちだ!
こんにちは!と云うと目で挨拶を返される。
風が冷たく強い。これから上部はさらに冷たい強風が吹いているのだろう。
Fig.3 10:02、大沢分岐だ!

タヌキの溜め糞場だ!
Fig.4 10:16、タヌキ糞③

また、下から登山者が杉の中を登ってくるのが判る。
40代の男性だ!互いにこんにちは!っと声を出す。
木立の中は少し、風が和らいで温かい感じ。
Fig.5 10:31、二人目の登山者(写真の真ん中)が登っていく

ウラジロノキの果実がたくさん落ちている。強風で落ちたのだろう。
ウラジロノキやアズキナシの果実は食べるとボケたリンゴのようだが、動物たちにとっては美味しいと思うし、さらに、たくさん果実が落ちているが、何故か動物たちの糞の中にはその種子が含まれていることが非常に少ない。
キブシやイボタの果実よりも甘みがあって旨い筈なのにどうして動物たちは食べないのか?
Fig.6 10:34、ウラジロノキの果実が落ちている
ウラジロの果実を写真に撮っていると、下から5、6人の男女の中高年の登山パーティが登ってくる。皆、ぼくのスタイルとは大違いの赤、緑、黄、青の上着にタイツと半ズボンだ。
全員から元気に「こんにちは!」と声を掛けられる。
あんなタイツで上部の強風の当たる尾根ではさぞ下半身が冷えるだろうと思うが、どうなのかな?
浄発願寺奥の院への道標だ。ここに来てようやく伊勢原市で作った道標が出てくる。
Fig.7 10:45、浄発願寺奥の院と日向薬師までの伊勢原市が作った道標だ!

お!また、テン糞だ踏まれた跡がある。
Fig.8 11:24、テン糞② 少し踏まれている。

陽が当たるヤブツバキのトンネルの中を進む。気持ちが良い。
Fig.9 11:31、4メートルくらいの樹高のヤブツバキの花が咲いている。

ようやく、日向薬師や坊中と弁天の森キャンプ場の道標が立つ鞍部に下りてきた。
日向山を越えて広沢寺温泉無料駐車場まであとひと踏ん張りだ!
下りは膝が痛くなるようでイヤだ。
さぁー、ここから日向山まで登りだ。さらにゆっくり行こう。先ずは、スポーツ飲料をたっぷり飲もう。
Fig.10 11:38、鞍部にある十字路の道標

登り始めて間もなくミヤマシキミが蕾をつけていた。
Fig.11 11:45、シキミの蕾

鞍部の道標の所では日向山まで0.5キロとあったのに、長く感じる。
ようやく、日向山の頂上だ。ここでも水を飲む。
今まで東へ東へと伸びる稜線を歩いてきたが、この山頂から北北東への下りの尾根道を辿ることになる。
Fig.12 11:57、日向山山頂

日向山から下った鞍部のところに大釜弁財天への道標だ。
ここを弁財天までの道を辿ろうかちょっと迷う。
Fig.13 12:15、 大釜弁財天への道案内道標

見城までの登りでキノコだ!どうもナラタケかな?採ってきたが、泥だらけだ!
階段に使われている丸太から出ている。
Fig.14 12:20、ナラタケか?

ようやく見城に着く。
Fig.15 12:30、見城

鐘ヶ嶽がすぐそこに見える。
下に見えるのは新しくできた大堰堤かな?
Fig.16 12:32 鐘ヶ嶽や家がすぐそこだ!

モグラ塚が散在してあった。
地元の老人なのかまるで散歩するような感じで登ってきた人がいた。
Fig.17 12:33 モグラ塚が、、、

さぁー、広沢寺温泉無料駐車場方面に、、、、。
ここは、イメージとして逆戻りするような感じだ。地図を見る。成る程。今度は再び東方への尾根を下るのだ。それが北東へと移行していく。案内や階段や踏み跡がしっかりしているし間違いはしないのだが、地図を頭に入れているとどうして?っと思ってしまう。
Fig.18 12:34、見城から道がまるで戻るかのように、、

下り始めてすぐテン糞だ!この辺りはシカが食べないシロダモの木で覆われている。
糞の目印はシロダモの葉にした。
ここからは広沢寺温泉などの下界の街を見ながら下ることになる。
後ろから足音が聞こえるので、振り返ると、ぼくくらいの年齢のジャンパー姿の人が軽登山靴に小さなザックを背負って、中高校生の若者のようにいとも軽やかに走るように階段を駆け下りて行く。
糞を拾い終わったら、もう姿は見えない。
羨ましい。年を取っても膝が痛くならないんだ。
Fig.19 12:39、 テン糞③

この緑色のカメムシは、帰ったら調べよう。
半翅目カメムシ科のツヤアオカメムシということだ。
手持ちの昆虫図鑑にはアオクサカメムシは載っているが、少し色が悪い。
で、結局ネットで「カメムシ 緑色」で検索したら当たった。
Fig.20 12:43、 緑色のカメムシだ!

ん?また、キノコだ!これも階段の丸太から出ているが泥まみれではない。
調べたが、まだ不明だ!
Fig.21 12:48、キノコだ

七沢温泉に下りることができるようだ。
Fig.22 12:58、 七沢温泉への道標

テン糞だ。ヤッタね!
Fig.23 13:03、テン糞④だ!

イノシシ糞だ。この塊の中の二粒を持ち帰る。
Fig.24 13:07、イノシシ糞だ!

さぁー、いよいよ最後の下りだ。
Fig.25 13:08、広沢寺温泉駐車場への最後の道標

カモシカ糞があった。手前に塊もある。
Fig.26 13:09、カモシカ糞

Fig.27 カモシカ糞の塊

13時22分、駐車場に着いた。
おおやまめぐりルート案内と書かれた新しい看板がある。先週は気が付かなかった。
厚木市や伊勢原市はハイキングの道を整備し、道標もしっかりしているし、
何よりもこの広沢寺温泉無料駐車場のような広い無料駐車場や簡易トイレを設置しているのがありがたい。
その点、清川村は残念だ。
Fig.28 13:22、駐車場に立てられている案内板

以下に一回りのGPS上のルートのFig.番号を示す。
Fig.29 広沢寺温泉無料駐車場から大沢分岐を経由して一回りしたルート
黒①~⑳は駐車場から東屋までの前半部分、赤①~㉘は東屋から駐車場までの後半部分の図(Fig.)番号に対応する。

いよいよ、今年もお仕舞いだ!
明日一日は、ぼくの恒例の年賀状書きかな?
今年のぼくの3大ニュースは
①古稀を迎えたこと
②右足アキレス腱炎で12月の半ばまで丹沢へ行けなかったこと
③補聴器をつけたこと

2017年は、おかしな資本主義がさらに進んで格差が大きくなり、各国のナショナリズムが高まり、良い年にはなりそうもないが、
ぼくとしては旨い酒を呑み、楽しんで山を歩いていたい。

では、皆さん来年も宜しく!

2016年12月30日金曜日

大山付近の自然探索 Nature exploration around Mt.Ohyama area.

― 昨日の事を詳細にアップ ―

6時50分にGPSをオンにして広沢寺温泉無料駐車場に置いた車を後にした。
寒い、指が第二関節から出る軍手は、ストックを持つ手が凍えるようだ。
少し、早歩きして身体を温めようとしたが、中々身体が温まらない。
厚手のズボンにヒートテックの上下の下着まで着ているのだ。

昨日もアップした新しくできた堰堤に来る頃には朝日が昇ってきた(Fig.1)。
チビカメラなので首から下げて、かじかんだ指で朝日を撮る。
Fig.1 7:11、朝日が昇ってきた

Fig.2 7:29、山神隧道前にきた

山神隧道(Fig.2)のところまできて、ようやくストックを持てるようになった。それまではストックは脇に抱えていた。指が出る軍手の他に毛糸制の手袋を持っているのにザックから出そうとはしなかったのだ。
トイレの裏の方に、登り路が付いている。21日には降りてきた道だ。
一歩一歩登る。次第に身体が温まる。
ん?大小複数のシカの足跡(Fig.3)が急斜面についていて、道を歩いている。
3、4頭の親子のメスグループが昨夜登ってきたようだ。
Fig.3 7:41 シカの大きな足跡

つづら折りになっている岩場にできた道をしばらく登っているとテン糞①(Fig.4)を見つける。
もちろん、ゲットだ!
Fig.4 7:44、テン糞だ
(10円玉は大きさの比較のため、オオバイノモトソウの葉は糞と一緒にジブロックの袋に容れて、ゲットした糞の時間を確定する)

もうすぐ、鞍部に到着だ。ここは鐘ヶ嶽・大山(大沢分岐)と広沢寺温泉・不動尻の十字路になる。
ここで、水を鱈腹飲み、筋肉の攣りに備える。
Fig.5 7:50、もうすぐ分かれ道の鞍部

上の分かれ道から登ってきた東の方面には横浜までの下界が見える(Fig.6)。
少しもやっている。
Fig.6 7:52、鞍部から登ってきた東方を眺められる

霜柱の尾根道をサクサクと歩く(Fig.7)。風が強く、冷たい。補聴器はビュービューという風音を拾い、風音と霜柱を踏む音が耳に鳴り響く。
Fig.7 尾根道には霜柱が立つ

Fig.7の場所から間もなく、
東側がオーバハングしたような絶壁のような3、4メートルの尾根道を通る。
立ち木が崖の崩壊を防いでいる。
登りきると、下ると誰かが作った道標(Fig.8)がある。
鐘ヶ嶽・鎖場となっているが、それ程の難所ではない。
でも、雨の日や積もった雪の下りには利用したくない。
Fig.8 8:10、道標

左側の古いシカ柵に沿って尾根道が続く。
少し、なだらかな登りになって、スギの枯れ葉が落ちている道が続く。
っと、タヌキの溜め糞場だ。どの糞も乾いているが、新しいのを一個ゲットだ!
Fig.9 8:34、タヌキ糞①だ

しばらく、日当たりの登りとなるが、霜柱はまだ溶けない(Fig.10)。
昼過ぎはグチョグチョの道になるだろう。朝早く来て良かったと思う反面、これからさらに急な鎖場もあるので、アイゼンを持ってくれば良かったかなっーと思う。
Fig.10 二次林の中の気持ちの良い霜柱の道が続く

間もなく、ピークに到着、ここは右側の南東方面の尾根を下ると弁天キャンプ場方面に行くようだ。
まだ、歩いたことがない。ここでもスポーツ飲料を飲む。
Fig.11 8:45 ピーク、見晴し広場Bに着く

ピーク、見晴し広場Bからは先日登って鐘ヶ嶽が眼下に見える。
Fig.12 見晴し広場Bから登ってきた北東には鐘ヶ嶽だ!

さらに、気持良いが、風が強い尾根道を行くと眼前に大山山頂だ!
山頂付近は雪が残っているのかな?
Fig.13 8:56 大山山頂が近づいてきた

モグラのトンネルが凍っている。
モグラはこんな尾根も越えるんだ!でも、トンネルを掘っていて突然絶壁に出ることだってあるだろうにと思う。
Fig.14 9:00 モグラのトンネルだ。

見晴し広場を過ぎて、細尾根歩き西へのゆっくりした登りとなり、平になった辺りに握りこぶし大のサルノコシカケの仲間の奇妙なキノコがマツの幹から出ている。
もぎ取ろうと思ったが、キノコそのものが硬く、しっかりマツの幹に付いている。ビクともしない。
Fig.15 9:06、サルノコシカケの仲間

シカ柵沿いに緩やかに下っていくと、壊れたシカ柵ゲートの前にタヌキの溜め糞場だ!
Fig.16 9:06、タヌキの溜め糞場
Fig.17 タヌキ糞②

さらにシカ柵沿いに下っていくと道標がある。
ここから東方への下りに対する注意書きが貼ってある。
Fig.18 9:20、鐘ヶ嶽・大山の道標がある。

下りきった鞍部にも道標がある。柱にすりばち広場と書かれている。
Fig.19 9:21、すりばち広場という場所のようだ。

ここからなだらかが登りとなり、しばらく歩いていると東屋だ!
ここでは何時も長い休息をとる。
コンビニで朝食用に買ってきたアメリカンドックにかぶりつく。喉が詰まりサーモに容れてきた熱いウーロン茶を飲む。朝陽を背にして、ここは陽だまりとなっており温かい。
食べ終わったら、脚が攣らないようにエベリン塩酸塩錠をスポーツ飲料で飲み下す。
さー、霜が融けない内に梅の木尾根の大沢分岐まで行きたい。
大沢分岐の直前にマメザクラの木がある滑りやすい急斜面があるのだ。
地図を見る、300メートルくらいだ。
Fig.20 9:27、東屋だ!

これから、町内で建て替えている家の問題についての集まりがある。
2時間で報告会が終わったが、何故、屋根ができるまで3階になると皆に知らせないのか?
建てる前ならいくらでも互いの事をおもんばかった建物にすることができたのに、、、。
施主は出席しなかった。

東屋以降は、次回にアップします。
今回は、テン糞、タヌキ糞、イノシシ糞を拾ってきた。
拾ってきたものは水洗いの為、今、水に浸けている。

2016年12月29日木曜日

歩いて一回り Walking and Made the circuit from the parking lot.

今朝、6時10分前に家を出た。
今日は、広沢寺温泉無料駐車場に車を置いて、山神隧道手前から大沢分岐に行き、
そこから梅の木尾根に出て、日向山・見城山を通って駐車場に戻ってこようと云うものであった。
山神隧道から大沢分岐までは、冷たい風が強く吹き、身体が冷える感じなので早く身体が温まるように歩いた。
手袋も軍手から毛糸のものに何度から替えようと思ったが、最後まで軍手だった。
Fig.1 7時10分、新しくできた堰堤越しの朝日

山神隧道から大沢分岐までの細尾根上は4、5センチの霜柱が立っており、平坦な所はサクサク歩けて気持ちが良いが、急斜面はアイゼンを持ってくるんだったと何度も思った。 
Fig.2 大沢分岐までの尾根上は4,5センチの霜柱が続いた。

大沢分岐は風が強く、ここでゆっくり休む予定だったが、とても寒くてスポーツドリンクを飲んだだけだった。
Fig.3 10時2分、大沢分岐

日向山を過ぎる頃は膝が少し痛くなり、ゆっくりゆっくり駐車場まで下りてきた。
歩いた距離はGPS上は12、6キロ、6時50分から13時20分までの6時間半の歩きだった。

大沢分岐までは滑らないように慎重に歩き、それ以降は足首や膝をかばって歩き、
その歩きのため昼前に帰る予定が随分遅れた。